“無法者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むほうもの66.7%
むはふもの33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“無法者”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ときにはこの銀杏いちょうしたで、御神前ごしんぜんをもはばからぬ一人ひとり無法者むほうもの
無茶は通らん筈じゃけど、無法者むほうもの揃いじゃけ、どんな横車を押すかわからん。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
ところが權官けんくわんに某といふ無法者むはふものが居て、雲飛の石のことをき、是非ぜひに百兩でひたいものだと申込まうしこんだ。
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)