“日間”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひるま60.0%
かかん20.0%
にちかん20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そんなことはありませんが、私は、家も無い、何も無い、姐の家に世話になって、それで、日間は親類の舗へ出ているものですから」
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
勘次もおつぎもとにれた身體風呂した。よかつた風呂氣盡しな他人彼等をぐつすりと熟睡させて二日間疲勞れさせようとした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ちょうど、そのおりのことです。ビルディングのエレベーターに故障ができて、まってしまった。その修繕には、五、六日間かかるそうです。たちは、めて
夏とおじいさん (新字新仮名) / 小川未明(著)