“日本間”の読み方と例文
読み方割合
にほんま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
俺は文化生活の必要をに、たった一つの日本間をもとうとう西洋間にしてしまった。こうすれば常子の目の前でも靴をがずにいられるからである。
馬の脚 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
は十りの青畳きつめた日本間でございましたが、さりとて日本風白木造りでもありませぬ。
金襖の一ばんいい日本間で、兄たちは、ひつそりお酒を飲んでゐた。私はどたばたとはひり
津軽 (新字旧仮名) / 太宰治(著)