“三日間”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みっかかん50.0%
みつかかん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あまり、気味のいいものでありませんから、ててしまいました。すると、そのから三日間ばかり、があれたのであります……。」と、みすぼらしいは、えました。
珍しい酒もり (新字新仮名) / 小川未明(著)
右の写本一名三日間留置で社員へしたのです、すると、見た者は鉛筆朱書欄外などを入れる、其評反駁する者が有るなどで、なか/\面白かつたのであります
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)