“七日間”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なぬかかん50.0%
なのかかん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天気の悪るいのになぜグード・モーニングですかと生徒に問われて七日間考えたり、コロンバスと云う名は日本語で何と云いますかと聞かれて三日三晩かかって答を工夫するくらいな男には
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
る折から、地方巡業の新劇団、女優をとした帝都の有名なる大一座が、此の土地に七日間の興行して、全市の湧くが如き人気を博した。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)