“暦日”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
れきじつ66.7%
こよみ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“暦日”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
山中さんちゅう暦日れきじつなし、彼はこうした仙人生活を続けたのちに、ビルマから印度いんどにまで往ったのであった。
仙術修業 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
山中ばかりでなく、陣中にも暦日れきじつがない。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ここには、暦日こよみというものがない、春も秋もない、また、あらゆる生活の物音も聞えて来ない。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)