“拾集”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅうしゅう33.3%
ひろいあつ33.3%
ひろひあつ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拾集”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
峡中の美橋、美恵みえ橋が現れて来た。一名ふんどし橋というのがそれだ。褌の節約と馬糞ばふん拾集しゅうしゅうとから得た利益を積み立てて架橋したのが大正三年の洪水で流出した。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
私も加勢かせいしてその弗を拾集ひろいあつめて袋に入れて元の通り戸棚に入れたことがあるが、元来船中にこんな事の起るその次第は、当時外国為替かわせと云う事につい一寸ちょいとも考えがないので
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
とうさんはそれを拾集ひろひあつめるのがたのしみでした。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)