“手技”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てわざ66.7%
てぬか33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手技”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 工芸 > 工芸16.7%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ただそういう手技てわざは、いち早く外来の文化を取入れた都市やその附近には少く、離れた遠い地方に多いということが分ります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
仕事を見ていますと、その手技てわざの早いのには驚かされます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
象だの、荷車だのといふものは、よくお役人の手技てぬかりの穴へ脚を突込むもので、その頃常磐橋にも橋板のひどく損じた所があつた。