“恐気”のいろいろな読み方と例文
旧字:恐氣
読み方(ふりがな)割合
おそれげ57.1%
おぞけ28.6%
おじけ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“恐気”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、投げる様に言棄てたが、恐気おそれげも無く、一分時の前は炎のごとく真紅まっかに狂ったのが、早や紫色に変って、床に氷ついて、ひるがえった腹の青い守宮やもりつまんで
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
恐気おそれげもなく言放てる、片頬に微笑えみを含みたり。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
見捨てるも見捨てないも実はお前己だって身寄頼りもない身体、今はうなって誰も鼻撮はなッつまみで新吉と云うと他人は恐気おぞけふるって居るのだ、長く此処こゝに居る気もないから
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
すると其の席に居た三平が急に恐気おぞけを慄い出し、
幇間 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
大蛇うわばみでも居てねらうか、と若い者ちと恐気おじけがついたげな、四辺あたりまがいそうな松の樹もなし、天窓あたまの上から、四斗樽しとだるほどな大蛇だいじゃの頭がのぞくというでもござるまい。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)