“恐悦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうえつ77.3%
きようえつ18.2%
きやうえつ4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秋作氏は、立上のやつ、独逸から近代眼科学の精髄をかっぱらって来やがったそうだ。と、恐悦しながらキャラコさんに話してきかせた。
キャラコさん:03 蘆と木笛 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「あれ、矢張恐悦してら、うかしてるんぢやねえかい。」
鑑定 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ガラツ八はすつかり恐悦してしまひました。先刻表から入つた痣の娘も、今の中年増もこの家の者だとすると、全く妙なところへ飛び込んで了つたことになります。
銭形平次捕物控:124 唖娘 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)