“御置”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおき66.7%
おお33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まあ、けて御置なさい。るから」と答へたなり、何かなしに、無関係の事をしつゞけてゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「御父さまが後々のためにちゃんと一纏めにして取って御置になったんですって」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
よしや良人藝者狂ひなさらうとも、して御置きなさらうとも其樣悋氣するでもなく、侍婢どもから其樣えまするけれどれほどきのある御方なり
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)