“引纏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひきまと50.0%
ひきまとめ25.0%
ひきまとわ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白雲は、それを引纏うて身がまえをするのは、多分、これから茂太郎と兵部の娘の行方を探すべく、出で立つの用意と見えます。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
殺さんと致せしは如何なる天魔魑入しやと今更後悔仕つるもなき事なればては罪障消滅懺悔仕つるなり因ては御殿場村の條七娘里儀の不義も何も引纏て惡事は此九郎兵衞なれば御りの御所刑
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
梅桃桜菊色々の花綴衣麗しく引纏せたる全身像た眼からは観音の化身かとも見ればに遠慮なく後光輪までて、天女のく見事に出来上り、ながら満足して眷々とながめせしが
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)