“帆立貝”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほたてがい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“帆立貝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲1.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
(気分をかえて)えー斧足類は蛤に蜆に牡蠣かき、あさり、あげまき、帆立貝ほたてがい、赤貝、ばか貝。
新学期行進曲 (新字新仮名) epub / 海野十三(著)
帆立貝ほたてがいの中に俺達を閉じ込めて、宇宙うちゅうの真底を見せてくれない奴さ。
なよたけ (新字新仮名) epub / 加藤道夫(著)