“帆立貝”の読み方と例文
読み方割合
ほたてがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そいつは、頼みもしないのに、俺達をかして、おけらの足に糸をつけ、玩具の車を引張らせる奴さ。帆立貝の中に俺達を閉じ込めて、宇宙の真底を見せてくれない奴さ。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
海岸を歩けば、帆立貝が山の如く積んである。浅虫で食ったものゝ中で、帆立貝の柱の天麩羅はうまいものであった。海浜随処に玫瑰の花が紫に咲き乱れて汐風にる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
(気分をかえて)えー斧足類は蛤に蜆に牡蠣、あさり、あげまき、帆立貝、赤貝、ばか貝。
新学期行進曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)