“尺取”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゃくと50.0%
しゃくとり50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“尺取”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 生物科学・一般生物学 > 生物科学・一般生物学5.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
南洋に産する「ちょう」、内地いたるところに産する「くわえだ尺取しゃくとり」などはその最も知られた例であるが
自然界の虚偽 (新字新仮名) / 丘浅次郎(著)
尺取しゃくと横町よこちょう
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
なにか罵り合いながらやがてそこへ近づいて来たのは、お粂をらっして急いできた雲霧、四ツ目、尺取しゃくとりなんどの連中で、
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——と、四ツ目屋、雲霧、尺取しゃくとりなどは、面白そうにそれを対岸の火災視しておりましたが、ひとり秦野屋九兵衛は、
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)