“尺取虫”の読み方と例文
読み方割合
しゃくとりむし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青大将が真二つにちぎられてのたうちるのだ。尺取虫と芋虫とみみずの断末魔だ。無限の快楽に、或は無限の痛苦にもがくけだものだ。
火星の運河 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
百姓馬鹿だな、尺取虫土瓶を引っかけるてかい?」
風琴と魚の町 (新字新仮名) / 林芙美子(著)