“小吉”の読み方と例文
読み方割合
こきち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところがその中に一人一向笑わない男がありました。それは小吉という青い小さな意地悪の百姓でした。
とっこべとら子 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
評判はその頃に高く去るもの日々にければ、名物一つかげを消して二度目の花は紺屋乙娘、今千束町に新つた屋の御神燈ほのめかして、小吉と呼ばるる公園の尤物根生ひは同じ此処の土成し
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
名物一つかげをして二紺屋乙娘千束町つた御神燈ほのめかして、小吉ばるゝ公園尤物根生ひは此處土成し、あけくれのにも御出世といふはりて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)