“寛正”の読み方と例文
読み方割合
かんしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大体彼は建築道楽で、寛正の大飢饉に際し、死屍京の賀茂川を埋むる程なのに、新邸の造営に余念がない。
応仁の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
まず寛正の六年秋には、忘れも致しません九月十三日の夜の刻ごろ、その大いさ七八もあろうかと見える赤い光り物が、坤方より艮方へ、風雷のように飛び渡って、虚空は鳴動
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
まづ寛正の六年秋には、忘れも致しません九月十三日の夜の刻ごろ、その大いさ七八もあらうかと見える赤い光り物が、坤方より艮方へ、風雷のやうに飛び渡つて、虚空は鳴動
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)