“大敵”の読み方と例文
読み方割合
たいてき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
是非もないことゝ自分斷念めて咽喉疾には大敵りながら煙草めた。老人夫婦りとしてる。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
その日の夕食後、長女初瀬さんが、『今夜はお父さんはえらいのやうだね』と云つたさうである。さうすると赤彦君は、『大敵退散した』と云つて笑つたさうである。
島木赤彦臨終記 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
くまは、く長くうなりだした。それは、さっきまでほえたような声とちがって、大敵出会った場合に、たがいにすきをねらってにらみ合っているような、不気味なものだった。
くまと車掌 (新字新仮名) / 木内高音(著)