“大膽不敵”の読み方と例文
新字:大胆不敵
読み方割合
だいたんふてき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いえ、それどころか、色文の束を、喜三郎の死骸の胸の上へ、そつと載せて行つたやうで、——若いといふものは、思ひの外大膽不敵なものですね」
見て安間平左衞門は生得大膽不敵曲者ば主人の答を齒痒きことに思何とか口を利たき體に控居たり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
る、海蛇丸船首よりは、閃々るゝ流星爆發信號つた、信號他船注意喚起する夜間信號大膽不敵なる海賊船は、何故信號げて