“夜歩行”の読み方と例文
読み方割合
よあるき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……そうは言っても第一季節は違う、蛙の鳴く頃ではなし、それにその時は女房ばかりが同伴の、それも宿に留守して、夜歩行をしたのは糸七一人だったのである。
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お園が家出のその後は、鹿子の、僻みいつそう強く、夜歩行などは思ひも寄らねど。これは毎年の例会にて、遁れ難き集会なればと。三日前より、ちくちくと、噛んで含めた言の葉に。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
相續爲る御身ゆゑ學問に夜歩行一ツらざるもなくてはねどとは言へ善惡二つながらおるは親御のてや外にお子とてなき和君が餘り温順すぎし病氣でも出はせぬかとお案じなされて玉くしげたに親樣が此忠兵衞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)