“飛歩行”の読み方と例文
読み方割合
とびある100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だ……黙っていてくれよ。おいらが身体をそのまま大凧に張って飛歩行くんだ。両方の耳にうなりをつけるぜ。」「魂消たの、一等賞ずらえ。」
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
でも芥子粒ほどのさの売薬姿ないで、時々けるやうなさな飛歩行いた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
テケテケテン、テトドンドンと、村のどこかで……遠い小学校の小児諸声に交って、えて、松葉が飛歩行くような太神楽の声が聞えて、それが、に響きました。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)