“在府”の読み方と例文
読み方割合
ざいふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸へ着いた柳生対馬守一行。麻布林念寺前やしきで、出迎えた在府の家老田丸主水正を、ひと眼見た対馬守は
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
寶暦五年三月伊豆守江戸參覲ありて、多日在府なされしから、御親類一同參會ありき、幼君其座にて
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
果たして、陰謀組の一味、在府国許の士をあわせて、総計三百余名の氏名は、藤井紋太夫、藤田将監以下、その筆蹟と血判をつらねて繰れども繰れども、驚くばかり秘巻の奥からあらわれて来た。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)