“古今無双”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ここんむそう75.0%
ここんむさう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ああ、夫子が、——古今無双の射の名人たる夫子が、弓を忘れ果てられたとや? ああ、弓という名も、その使いも!」
名人伝 (新字新仮名) / 中島敦(著)
宝暦六年、二代目を継いで上上吉に進み、地芸と所作をよくして『古今無双艶者
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
知るの才智にして忽ち其奧儀をも極め古今無双の達人となりし所に早くも八ヶ年の星霜を送りける今は門弟中も大先生より小先生の教へ方が宜等とて皆小先生々々々と半四郎を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)