“加:おまけ” の例文
“加:おまけ”を含む作品の著者(上位)作品数
島崎藤村3
“加:おまけ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
勝手を知った舟旅で、おまけに天気は好し、こうして独りで海を渡るということは、別にお種は何とも思わなかった。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「家を探して歩くほどいやな気のするものは無いネ――おまけに、途中で、ヒドく雨に打たれて……」
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
おまけに、若い細君が水菓子を売ると聞いた時は、榊が戯れて言うとしか三吉には思われなかった。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
お仙が居なく成ったというさえあるに、おまけに火事とは。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「しかし、高瀬君、どうしてこんなに御懇意にするように成ったかと思うようですネ……貴方のところでも、今、お子さんはお二人か……実際、子供は骨が折れますよ。お二人位の時はまだそれでもう御座んす。私共を御覧なさい、あの通りウジャウジャ居るんですからネ……おまけに、大飯食おおめしぐらいばかりそろっていて」と言いかけて
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)