“伊吹”の読み方と例文
読み方割合
いぶき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伊吹」は全速力で救助に向つてゐることは明らかだ。もうかな間である。豊国丸はそれまでどうしても浮かんでゐなければならない。
怪艦ウルフ号 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
坂田郡の七条、鳥脇などを経て、伊吹の山裾へつきあたります。すると、北国街道が横たわっておりますが、これにならわず道を
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そりゃ馬籠はこんな峠の上ですから、隣の国まで見えます。どうかするとお天気のよい日には、遠い伊吹山まで見えることがありますよ——」
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)