“伊吹大作”の読み方と例文
読み方割合
いぶきだいさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
きょうは文字どおりの忍びだから、手付きの用人伊吹大作ただ一人を召しつれて、さっさとをまがってしまった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「これこれ」忠相が、ちょっと声を高めると、次の間との襖を背に、ぼんやり控えて殿と木甚との会話を聞いていた用人の伊吹大作が、かしこまって、耳を立てた。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
砂にすわって待っていると、奉行の忠相は、伊吹大作その他をしたがえて、すぐ出て来て座についた。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)