“仁智”の読み方と例文
読み方割合
じんち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たゞされしかば富右衞門の女房其子城富は申に及ばず親族に至る迄大岡殿の仁智を感じ喜悦ならずさらに實子城富は見えぬ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
め大岡殿の仁心を悦びが如くに馬喰町の旅宿れば友次郎お花は今日の首尾如何なりしと右左より問掛るに忠八は越前守殿の仁智概略
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
新規取立に相成に家名存せしは大岡殿の仁智に因る所なり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)