“不風流”の読み方と例文
読み方割合
ぶふうりゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文明の器械は多く不風流なるものにて歌に入りがたく候えども、もしこれを詠まんとならば他に趣味あるものを配合するのほか無之候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
これは私が見た上での一家言でなくって、不風流なチベット人も十五日の供養は兜率天上弥勒の内縁に供養したその有様をこのラサ府にじたのであると、彼らはのようにいうて居る。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
して流行の縞模様など考えて見たこともない程の不風流なれども、何か私に得意があるかと云えば、刀剣えとなれば、れはく出来たとか、小道具の作柄釣合如何とか云うはある。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)