“ルビー”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
紅玉54.8%
紅玉石16.1%
紅宝玉9.7%
紅宝石9.7%
紅石6.5%
鏤美3.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その玉は所謂紅玉ルビー色で、硝子で薔薇ローズカットが施こされていて、直径五分ばかりのものだ。紅玉色の硝子は、濃い黒い束ね髪の上にあった。
毛の指環 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
夢みるまなこ、霞む眉、象牙ぞうげを刻んだような鼻に、紅玉石ルビーの唇、現代娘の愛くるしさと清々すがすがしさが、この娘の顔に溢れて居ります。
古銭の謎 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
たとえば僕は一千九百十九年の七月に、アメリカのジャイアントアーム会社の依嘱いしょくを受けて、紅宝玉ルビーを探しにビルマへ行ったがね、やっぱりいつか足は紅宝玉ルビーの山へ向く。
楢ノ木大学士の野宿 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
綿にくるんで燦然さんぜんたるダイヤ、青玉サファイヤ紅宝石ルビー蛋白石オパール黄玉トパーズ土耳古石ターコイズ柘榴石ガーネット緑玉エメラルド……宝石の山! 金も白金も眼眩めくらめかしく一杯に詰まっている。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
立派やかな紅石ルビーの指輪と美しいリボンとが綾子の眼の前に並べられた。
秋雨の絶間 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
里紗絹リヨンぎぬ襦袢じゅばん綾羅紗あやらしゃの羽織。鏤美ルビーの指輪を目立たぬように嵌めているのもあれば、懐時計ウォッチ銀鎖ぎんぐさりをそっと帯にからませているのもある。
顎十郎捕物帳:14 蕃拉布 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)