“ゴリラ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
猛狒33.3%
類人猿33.3%
大猩々33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此時このとき二發にはつ彈丸だんぐわんくらつた猛狒ゴリラ吾等われら打捨うちすてゝ、奔馬ほんばごとむか
『それでも、わたくし殘念ざんねんです、猛狒ゴリラわたくし鐵砲てつぽうではにませんもの。』と不平顏ふへいがほ
猛狒ゴリラいかつて刀身たうしん双手もろてにぎると、水兵すいへいいらだつてその胸先むなさき蹴上けあげる
フィラ奥地方面と言いサマザンカ地方と言いいずれも北ローデシヤ国境寄りの、私にとっては聞いたこともない中央東部大密林地方の地名なのであったがその時突然に私の頭を打ってきたのは、日記中のいくつかの文章であった……父は類人猿ゴリラの研究さえ完成すればそれでいいと思っているのであろうか……そして……世の中で
令嬢エミーラの日記 (新字新仮名) / 橘外男(著)
そして父様の御説のとおり類人猿ゴリラ間には立派に体系づけられた言語が存在し、その語根ルートは前世紀類人ピセカンスロプス・エレクタス原始人ホモ・ハイデルベルヘンシス
令嬢エミーラの日記 (新字新仮名) / 橘外男(著)
不意に私達の面前へ大猩々ゴリラが姿を現わした時には恐怖のために足を止めた。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)