“ふなばた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
81.1%
船端7.1%
舷側4.7%
船舷3.1%
舷端2.4%
舟舷0.8%
船板0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上から投げる貨幣のある物は傘からはね返って海に落ちて行った。時々よろけて倒れそうになってや人の肩につかまったりした。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
お早うお帰りと、かみさんが、浜に立って赤シャツに挨拶する。おれは船端から、やっと掛声をして磯へ飛び下りた。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
佐吉は舷側から乗りだして、眉を寄せながらそのようすを見ていたが、ドキッとしたような顔で四人のほうへ振りむくと
顎十郎捕物帳:14 蕃拉布 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
船は波につれて高くつたり低く沈んだりした。時には波が船舷に当つてさゝらのやうに白く砕けた。
ある日 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
と、身を現して、舷端に突っ立ち、徐盛の舟へ向って呼ばわった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これまで美智子さんと幾たびか海へ出たが、こんなにいい晩は一度もなかった。二人は非常に愉快になって、舟舷をたたきながら声をそろえて歌った。
海亀 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
柴山は、「海だよ」と答えてくれました。ぼくも船板から、見下ろした。真したにはすこし風の強いため、舷側けるが、まるで石鹸のようにだち、沸騰して、飛んでいました。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)