“ひとたば”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一束96.9%
一把3.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一束ひとたばの古手紙へ油をそそいで、それを綺麗きれいに庭先で焼き尽している津田の姿が、ありありと彼女の眼に映った。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「奉行、町与力、同心、岡ッ引。それらを一束ひとたばに、世間では、不浄役人といっておる。おれひとりがいって悪いはずはない」
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それを一本一本あらためて、やじりの鈍角となったのは除き、矢柄の折れたのも取捨て、すぐ使用できる物ばかりを、一把ひとたば一把に束ねて、十万の矢は、きれいに山となって積みあげられた。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)