“つくづ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其傍そのそばに居り候も口惜くちをしく、つくづうとみ果て候へば、三四年ぜんよりは別居も同じ有様に暮し居候始末にて、私事一旦の身のけがれやうやく今はきよく相成
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
つくづくと見入るまなこを放つと共に、老女は皺手しわでに顔をおほひて潜々さめざめ泣出なきいだせり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
外にどんな苦労が在つても可いから、どうかこの苦労だけはなくなしてしまひたいとつくづく思ふのです。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)