“ぢしつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
地質50.0%
痔疾50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
燒趾やけあとはひから青銅せいどうのやうにかはつた銅貨どうくわはぽつ/\とけたかはのこしてあざやかな地質ぢしつけてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
それに地質ぢしつもしつかりと丈夫ぢやうぶなものであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
風邪ふうじやあとで持病の疝痛せんつう痔疾ぢしつが起りまして、行歩ぎやうほかなひませぬ。」
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)