“そらね”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
空音50.0%
空睡12.5%
虚寝12.5%
虚寢12.5%
虚音12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
耳の底に追ひ切れない彼の車のごろごろと鳴る轍の空音を感ずるばかりだつた。
居睡りをしているのか?「牡丹花下の睡猫は心舞蝶にあり」という油断のならぬ猫の空睡,ここへ花の露を慕ッて翩々と蝶が飛んで来たが、やがてを花に休めて
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)
やをらまろび寄りて衣引きあぐるに、虚寝したるこそいとねたけれ。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
まりてしき駒下駄ゆるを、なくれとはれどもらぬ虚寢れば、美尾格子て、これは如何がおりてあるとをいつて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
明日』はまた虚音たり。
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)