“虚音”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょおん50.0%
そらね50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天井を仰いで、思わず声を発すると、声は虚音と化して洞然とひびいた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
明日』はまた虚音たり。
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)