虚音きょおん)” の例文
天井を仰いで、思わず声を発すると、声は虚音と化して洞然とひびいた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)