“しうぎ”の漢字の書き方と例文
語句割合
祝儀100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるひをどり一手ひとて祝儀しうぎあるひ病氣見舞びやうきみまひとして、金子きんす
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それから車内しやないたれかに祝儀しうぎれいつてゐる赤帽あかばう――さうふすべては
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)