“さばく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
沙漠50.9%
砂漠43.4%
佐幕3.8%
沙原0.9%
破漠0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
王子はこういうれな有様で、数年もなく彷徨いた、とうとうラプンツェルがてられた沙漠までやってました。
都市は反抗の周囲に砂漠と変じ、人の魂は冷却し、避難所は閉ざされ、街路は防寨を占領せんとする軍隊を助ける隘路となるのだった。
この時に当りて徳川家の一類に三河武士の旧風あらんには、伏見敗余江戸に帰るもさらに佐幕の諸藩に令して再挙り、再挙三拳ついにらざれば退て江戸城を守り
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
又藍丸国の北と西は、しない沙原で囲まれていて、南と東側はどこまでも続いた海になっていますが、中にも南の宇美足国には湖や河が沢山あって、商売の盛んな処で御座います。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
ともしたり、昼間いきなり破漠の上に、大きな海をこしらへて、城や何かも出したりする。全くたちが悪いんぢや。
北守将軍と三人兄弟の医者 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)