“しやばく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
娑婆苦66.7%
沙漠33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこにはたとひ娑婆苦しやばくはあつても、地獄の業火ごふくわは燃えてゐない。
——「何の為にこいつも生まれて来たのだらう? この娑婆苦しやばくの充ち満ちた世界へ。——何の為に又こいつもおれのやうなものを父にする運命をになつたのだらう?」
或阿呆の一生 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
寥廓れうくわくたる万古ばんこ沙漠しやばくを左右にして寝て居るのかと思ふと、この沙漠しやばくの中から予言者がおこつたり、き暮れた旅客りよかくに謎を投げると云ふスフインクスの伝説が生じたりするのも自然らしい事の様に感ぜられた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)