“しゃばく”の漢字の書き方と例文
語句割合
娑婆苦100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
保吉もまた二十年には娑婆苦を知らぬ少女のように、あるいは罪のない問答の前に娑婆苦を忘却した宣教師のように小さい幸福を所有していた。大徳院縁日葡萄餅を買ったのもその頃である。
少年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)