“くわんづめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
罐詰57.1%
鑵詰42.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その佃煮つくだにけつけたときは……先刻さき見着みつけたすこしばかりの罐詰くわんづめ
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
帰宅後、電燈の点じ難く、食糧の乏しきを告げんことを惧れ、蝋燭らふそく米穀べいこく蔬菜そさい罐詰くわんづめの類を買ひ集めしむ。
「パンか、それともビスケットか、せい/″\鑵詰くわんづめだらうな。」
煤煙の匂ひ (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
區劃くくわく彈藥だんやく飮料いんれう鑵詰くわんづめ乾肉ほしにく其他そのほか旅行中りよかうちう必要品ひつえうひんたくわへてところ