“かいこん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
悔恨63.2%
開墾31.6%
塊根2.6%
買込2.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕はその時三人の夫に手代の鼻を削ぎ落したのち、ダアワの処置は悔恨かいこんの情のいかんにまかせるという提議をした。
第四の夫から (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
寺の木像は割って薪にしても、今の悔恨かいこんとはしないけれど、この人を一度でも裸にして脅した罪は怖ろしいと思われてきた。
人間山水図巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かれ開墾かいこん賃錢ちんせんにすることが出來できればといふのぞみが十ぶんにあつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
そのうへ開墾かいこん仕事しごとたづさはつてなんといつてもたきゞ段々だんだんえてくばかりである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
かのタデ科に属し、地下茎ちかけい塊根かいこんのできる何首烏かしゅうすなわちツルドクダミも、一時はそれが性欲にくとて、やはり中国の説がもとで大騒ぎをしてみたが、結局はなんのこうも見つからず、阿呆あほらしいですんでしまった。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
自分なぞも資産家でさえあればきっとすばらしい贋物がんぶつや贋筆を買込かいこんで大ニコニコであるに疑いない。
骨董 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)