“あしさき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
足先33.3%
足端33.3%
足尖11.1%
趾先11.1%
趾尖11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けん一は、いたましくも、あたまから足先あしさきまで、しろいほうたいをして、よこになっていました。
空晴れて (新字新仮名) / 小川未明(著)
子供こどもは、そんなことはみみにはいらないように、わらって足先あしさきで、みずおもてもうとしていました。
幾年もたった後 (新字新仮名) / 小川未明(著)
道夫は傾斜こうばいの急なこみち日和下駄ひよりげた穿いた足端あしさきでさぐりさぐりおりて往った。
馬の顔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
女はビンを持って二度目のしゃくをした。それと同時に女の二つの足端あしさきが右の足首にからまるのを感じた。謙作はまぶしそうに眼を伏せた。
港の妖婦 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
蹴り合い、踏み合う彼らの足尖あしさきから、砂が跳ね上った。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
まるで、明るみの中を歩くように、雑多にころがっている、仏具や、金仏の間を、巧みに趾先あしさきさぐりに通り抜けて、近づいたのが、須弥壇しゅみだんの前——抹香臭まっこうくささ、かび臭さが鼻をつ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
わたくしは父よりもわたくし自身穢されたような気がして、スーツケースの横腹を白足袋の趾尖あしさきで蹴りつけます。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)