“あいば”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
饗庭50.0%
愛馬25.0%
相場25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんなことを、柳沢は、さっき饗庭もいる前で話していた。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
がこちらで愛馬ったをすると、『あのは、そなたの希望れないで、勝手名前をつけさせてへんにまなかった。』と良人丁寧びました。
岩屋修行中に、モーつちょっと面白がございますから、でに申上げることにしましょう。それはが、こちらで自分愛馬再会したおでございます。
ここから南へ一里半、幡豆郷乙川、小宮田、横須賀、鳥羽、岡山、相場宮迫の七村は、足利氏の昔から吉良氏の領地じゃ——知らぬようだから教えておいてやろう。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)