“静座”の読み方と例文
旧字:靜座
読み方割合
せいざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
氏は毎朝、六時に起きて、家族と共に朝飯前に、静座して聖書と仏典の研究をるいたしてります。
それからモー四百余年境涯はその幾度幾度りましたが、しかしおそのいた御鏡静座黙祷をつづけてるのでございます。
台徳公の面影のあると言わるる年若な将軍は、小御所の方でも粛然と威儀正しく静座せられたというが、すべてこれらのことは当時の容易ならぬ形勢を語っていた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)