“小御所”の読み方と例文
読み方割合
こごしょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小御所会議、慶喜下坂、大号令の発布、政権奉還の一決と、暗転から明転へと、さしもの紛争がすべて一直下に解決の曙光が見えてきてからの迎えなのである。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
台徳公の面影のあると言わるる年若な将軍は、小御所の方でも粛然と威儀正しく静座せられたというが、すべてこれらのことは当時の容易ならぬ形勢を語っていた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
さて一方朝廷に於ては、施政方針を議定するため、小御所で会議を行なわせられた。
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)