“難場”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なんば100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“難場”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
云々というのが大体であるが、勝川春章に追われてから真のご難場なんばが来たのであった。要するに師匠と離れると共に米櫃こめびつの方にも離れたのである。
北斎と幽霊 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
木曾は諸大名通行の難場なんばでもあるから地方の事情をきき取った上で奉行所の参考としたい
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)