“雑書”の読み方と例文
読み方割合
ざつしよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此事雑書散見すれどもをのせたるものなし、ゆゑに図をこゝにいだす。此図は先年越後にあそびし時目撃したる所なり。見る所たゞ面のみ、手足は見えず。
さて其頃三人有様如何にとふに、山田勉強家であつたが、学科はお役目つてて、雑書のみを見てた、石橋躰育熱心の遊ぶで、競争る、器械躰操
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
此事雑書散見すれどもをのせたるものなし、ゆゑに図をこゝにいだす。此図は先年越後にあそびし時目撃したる所なり。見る所たゞ面のみ、手足は見えず。