“葦五位”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あしごい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小雀こがららしい鳥がスイースイーと葦五位あしごいのようなかすかな細い声で鳴き交わすのが、妙に寂しいので、何だかあたりが見廻されてならなかった。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)